2017年09月10日

捨てられない「金券」を作れ!


<VOL.706>


集客の手段としてよく用いられる、
割引券や優待券などの「金券」。

チラシの隅に印刷したり、
会計後に手渡ししたりしますが、
その多くの場合で“安っぽさ”が目立ちます。

極薄の紙に印刷したり、
1色の粗い印刷で済ませていることがよくあります。

経費を掛けたくないのはわかりますが、
“安っぽい金券”は、
その効果が半減どころではありません。

たとえ100円の価値がある金券であっても、
ただの紙切れに思えてしまうのです。

紙切れはすぐに捨てられます。

もし、財布に入れられたとしても、
しばらく忘れていれば、やはりゴミ箱行きです。

「金券」は、価値を感じさせなければならないのです。

そのためには、“価値があるような見ため”が大切です。

紙幣や株券のような、
高級感・重厚感のあるデザインが望ましいのです。

“いかにも金券”が必要なのです。

これを手にした人は、捨てられなくなります。

捨てることは、
お金を捨てることと同じように感じるものです。

すなわち、使われる可能性が高くなるのです。

使われてこその「金券」。
大きな集客効果が期待できます。

「金券」を手にした人が、
「ラッキー!」「嬉しい!」「有り難い!」と、
思ってくれるようなデザインにしなければなりません。

posted by 佐藤きよあき at 12:41| Comment(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。