2017年09月03日

交流イベントで、熱いファンを増やせ!


<VOL.705>


世の中には、新しい商品・珍しい商品が溢れ、
消費者は選び放題。

選択肢が多過ぎて、時には迷子になってしまうことも。

話題の商品が次々に生まれるので、
行くお店が日替わり状態になったりします。

“落ち着きのない消費活動”と言っても良いでしょう。

これは、消費者にとっても、お店にとっても、
良いことではありません。

お金を遣うだけの行為で、
心からの満足感を得ることはできませんから。

本当に自分が興味のあるモノ、
納得できるモノを手に入れてこそ、
お金を遣う意味があるのです。

お店としても、儲かれば良いのではなく、
商品を手に入れる喜びを
お客さまに知ってもらうことが重要なのです。

そのためには、店主の思い入れを語ることのできる
関係づくりが大切です。

その手段のひとつが、交流イベントなのです。

「酒蔵の蔵出し」「クラフトビールの新酒発表会」
「レストランの試食会」「農家の収穫体験」など。

これらのイベントを通して、消費者に熱く語り、
作る側・売る側とお客さまとの距離を縮めるのです。

深い関係を築くことで、お客さまの迷いを断ち、
「○○なら、このお店」という、
確固たる意志を持ってもらうのです。

お店だけで接していては、信頼関係が生まれるまでに、
何年も掛かってしまいます。

しかし、交流イベントならすぐに打ち解け、
お互いが身近な存在となります。

店主に対し、友だちのような親しみを感じてもらえれば、
それはもう、ファンになってくれています。

ファンがたくさんできれば、商売に不安はなくなります。

ファンが支えてくれるようになるからです。

posted by 佐藤きよあき at 08:57| Comment(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。