2017年07月23日

書くことを学べば、売れるようになる!


<VOL.699>


チラシ・POP・ニューズレター・DM……。

使い方によって、
大きな集客効果をもたらす販促ツールですが、
そこに掲載する文章で、あなたは悩んでいますよね?

何をどう書けば良いのかが、サッパリわからない。
文章の書き方など、習ったことがない。

プロでもない限り、誰もがそうです。
いや、プロでもほとんどの人は、
習ったことがないはずです。

ならば、どうやって書けるようになったのでしょうか。

結論から言うと、“ひたすら書く”のみ。

何度も何度も書いて、少しずつ憶えるしかありません。

学校では、「文章には起承転結がある」と教えますが、
プロの文章では、その順序はバラバラです。

むしろ、組み換えることで、
文章に面白さを生み出しています。

つまり、「起承転結」など、無視して良いのです。

特に広告文など、積極的には読まれない文章に関しては、
「結」を先に書いた方が、読まれる確率は高くなります。

興味を掻き立てておくことで、
詳しい説明までをも読ませるテクニックなのです。

何度も書くしか、
文章が上手くなる方法はないと書きましたが、
その前に絶対にやらなければならないことがあります。

いろんなお手本を見ること。
すなわち、本を読むことです。

さまざまな作家・ライターの本を
片っ端から読みまくることが最重要なのです。

言葉遣い・文体・構成の仕方を学ぶのです。

1冊ずつ細かく分析しながら読む必要はありません。

内容を楽しみながら、
とにかく“数”を読むことが大切です。

読み続ければ、文章の書き方が見えてくるものです。

意識せずとも、何を書けば良いのかがわかってきます。

そこから、書く練習を始めるのです。

最初は誰かのマネで構いません。
書いていくうちに、自分らしさが出てくるものです。

書いて、書いて、書いて。
毎日、書いてください。

書く内容は、何でも良いでしょう。
趣味のこと、日常のできごとなど。

ブログやSNSで発信してみても良いかもしれません。

読む人の反応がわかれば、やりがいも生まれます。

これを続けていれば、
読者の求めることや面白がってくれることが
読み取れるようになります。

すると、さらに内容を充実させることができます。

これこそ、ビジネスの極意なのです。

文章で人を惹きつけることと、
販売促進でお客さまを集めることは、同じなのです。

すなわち、文章が書けるようになれば、
集客の方法がわかるようになるということです。

慣れない作業かもしれませんが、
“数”をこなせば、必ず上手くなります。

言葉を話すことができるのなら、
文章は必ず書けるようになります。

posted by 佐藤きよあき at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック