2017年07月09日

人は、「行列」に“行列”する!?


<VOL.697>


最近は、飲食店に行列ができるのは、
日常的な光景となっています。

単なるブームではなく、
食に対する欲求が強くなったと言っても良いでしょう。

美味しいものを食べたいと望む人は、常にスマホを覗き、
話題のお店を検索しています。

そのディスプレイには、
グルメサイトやSNSが映し出されていますが、
中の情報は、評論家や雑誌が流したものではなく、
一般人の投稿がほとんどです。

言わば、素人の口コミと同様。
口コミの世界が、スマホによって急拡大しているのです。

そのスピードも情報量も桁違い。

その中からお店を探すのは、
非常に手間と時間が掛かります。

では、人は何を基準にお店を選択しているのでしょうか。

ずばり、話題性なのです。

ネットの中で話題となり、人びとが注目し、
こぞって押し寄せるお店。

すなわち、行列のできているお店なのです。

行列ができていれば、“人気のお店”だと受け取り、
“きっと美味しいに違いない”と思い込むのです。

実際に来店して行列に並んだ後、
やっと食べることができれば、
「美味しかった」と感じるのも事実。

行列に並ぶ過程が、味を引き上げているのです。

冷静で繊細な舌を持つ人なら、
本当の味はわかるのですが、
大多数の人は雰囲気に左右されるものです。

それを否定するつもりはありません。

本人が満足しているのなら、
そのお店には価値があるということですから。

しかし、「行列になっているから、行列に並ぶ」
という心理は、紛れもない現実です。

ビジネスにおいて、そこを見逃すわけにはいきません。

つまり、行列を作れば、
さらに行列を長くすることができるということです。

「最初の行列を作るのが難しいだろう」
と思うのは、もっともなことです。

味やお店、価格に魅力がなければ、
行列はできないと考えるのが自然で、
ビジネスのセオリーだとも言えます。

しかし、“テクニック”によって、
行列を作り出しているお店もあるのです。

お客さまの注文を受けてから作り始める、
ケーキショップ。

客席をわざと少なくしている、ラーメン店。

客席を総入れ替え制にすることで、
行列に並ぶ時間を長くしている、うどん店。

営業時間を短くして、
お客さまを集中させている、焼肉店。

商品に魅力がなければできないことですが、
“必要以上の行列”を
確実に生み出す方法をとっています。

お店を繁盛させるためには、魅力づくりも大切ですが、
テクニックも必要であることを忘れないでください。

posted by 佐藤きよあき at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451641995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック