2017年07月02日

中高年の潜在欲求を探れ!


<VOL.696>


新聞折り込みチラシを見ていると、
たまに面白い商品が通販で売られています。

目のつけどころが、お見事なのです。

中高年になると、電子機器が苦手だったり、
身体能力の衰えを感じたりします。

「もっと○○だったら…」
「ここは○○にならないか…」

といった中高年ならではの欲求が、
たくさん出てきます。

そこを上手く捉えた商品が、
通販などで販売されているのです。

たとえば、耳が聞こえにくくなったり、
視力が衰えたりした人向けに販売されているのが、
「音声式ヘルスメーター」「黒色まな板」
「眼鏡型ルーペ」
「ワイヤレス耳もとテレビスピーカー」など。

電子機器が苦手な人向けには、
「Wカセットつきレコードプレーヤー」
「大きな表示・簡単操作の音楽プレーヤー」
「機能をしぼった簡単スマホ」など。

また、電子機器の苦手な人の中で、
昔の写真や映像、音楽を“デジタル化”したい人向けに
販売されているのが、
「パソコン不要簡単フィルムスキャナー」
「8ミリフィルムを簡単に
 デジタル保存できるレコーダー」
「レコード・カセットを
 CDやデジタルデータに移せるレコーダー」
「ビデオテープをデジタルデータに
 変換できるレコーダー」など。

時代の流れに取り残されそうな中高年が、
何とか時代に乗り遅れまいとする欲求は、
結構存在しています。

歳だから仕方がない、と諦める必要はなく、
テクノロジーがサポートしてくれるのだから、
どんどん利用すれば良いのです。

中高年のこうした潜在欲求を探り出し、
ユニークな商品が次々に生まれています。

さまざまな問題を抱える中高年にこそ、
大きなビジネスチャンスが隠れているのです。

また、お金を遣うことのできる年代でもあります。

必要なもの、欲しいものは、躊躇なく買ってくれます。

アイデア商品を売れ、と言っているのではありません。

中高年の潜在欲求を探り出せば、
“モノが売れない時代”にも、
お金を遣ってくれるのです。

中高年を観察・分析してみてください。
話を聞いて、困っていることを探ってください。

それが、大きなビジネスとなります。

posted by 佐藤きよあき at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451428377
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック