2017年06月11日

自販機ビジネスに参入しろ!


<VOL.693>


何もしないで、自動的にお金が入ってくる
ビジネスのことではありません。

実物の自動販売機を設置して、商品を売ってみよう、
というお話です。

自販機と言えば、ジュースやお酒、タバコ、
アイスクリームなどが浮かんでくるでしょうが、
自販機で売れる商品はまだまだたくさんあります。

「こんなものまで?」という事例はいくらでもあり、
実際に売れているのです。

焼き肉屋さんが販売する「焼き肉のたれ」。

醤油メーカーが販売する「だし醤油」。

鞄メーカーの「トートバッグ」。

輸入商社の「バナナ」。

個人商店の「仏像フィギュア」。

「豆腐」や「納豆」、「わさび漬け」「Tシャツ」
「運転免許試験問題集」などもあります。

海外では、「プリペイド携帯」「キャビア」
「サッカーボール」「生きたロブスター」
「生きた上海蟹」なども。

あらゆる商品が自販機で売れるのです。

場所と電気さえあれば、
24時間自動で販売活動を継続してくれるのです。

また、自販機では見たことのない商品なら、
珍しさで注目度は高まります。

一度は通り過ぎても、
次回通った時に視界に入る可能性は高く、
常に“販売機会”がそこに生まれます。

これは、店舗にはない利点です。

前を通る人すべてが、見込み客となるのです。

自販機に入る大きさのものなら、
何でも売れる可能性はあります。

このチャンスを逃すのは、もったいない。

posted by 佐藤きよあき at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450759518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック