2017年05月14日

逆説アプローチを試みよ!


<VOL.689>


商品には、良い面・悪い面があり、
その使用においては、メリット・デメリットがあります。

詐欺まがいの商売が横行しているいま、
正直な商売をするお店が求められています。

商品の良いところも悪いところも正直に伝えることで、
お客さまからの信頼を得ることが大切なのです。

ただし、
「こんな悪いところがあります」と伝えるだけでは、
当然買ってもらえません。

悪いところも視点を変えれば、
良いところとして伝えることができるのです。

たとえば、重いもの。

「多少重いことが難点ですが…」と伝えるのではなく、
「重量感が落ち着いた雰囲気を…」
という表現に言い換えます。

「大きい」=「存在感」
「組み立てに時間が掛かる」=「自分で作る楽しさ」
「高額」=「世代を超えて受け継がれる価値」
「お届けに時間が…」=「職人が丁寧に作る」

このような表現に変えることで、
デメリットがメリットに感じられるのです。

すべての物事には、良い面と悪い面があり、
時にそれぞれ違うことであったり、
同じことを別の角度から見ているだけの場合もあります。

人の感じ方はさまざま。

なので、何も伝えなければ、
直観的に悪い面だけを見てしまうことがあります。

そこで、アプローチを変えるのです。

逆説的に見方を変えれば、悪い面も良い面になります。

あなたは、そうした物の見方を学んでください。

常に別の角度・視点から物事を見ていれば、
逆説アプローチは簡単なことです。

表現を変えるだけで、売れるようになるのです。

posted by 佐藤きよあき at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック