2017年04月16日

デメリットを告知しろ!


<VOL.685>


お客さまに買って欲しいがために、
商品の良いところばかりをアピールしていませんか。

商売人なら当然のことのように感じますが、
相手によっては、
商品の悪い面を教えた方が良い場合もあります。

買う気が見えて、積極的に質問をしてくるお客さまには、
メリットを並べ立てても構いません。

しかし、商品知識も乏しく、迷っているお客さまには、
メリットとデメリットをお伝えする方が効果的なのです。

良いところばかりをアピールしても、
「売り込むためだな」と懐疑的に捉えてしまいます。

そこで、正直に悪いところもお伝えするのです。

その正直さにお客さまは安心感を持ち、
なおかつ信頼してもらえるようになります。

悪い面が、自身にとって大した問題でなければ、
その商品を買う可能性は高くなるのです。

メリットしか聞かなければ、
逆に不安になって買わないのですが、
デメリットも同時に知ることで、
信頼感が格段に高まり、購入を決断しやすくなるのです。

これは社会心理学でも検証されていることです。

迷っているお客さまに試してみてください。

posted by 佐藤きよあき at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449055696
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック