2017年03月12日

本当のターゲットを探せ!


<VOL.680>


狙っていたターゲットと実際に購入するお客さまは違う。

商売をしていれば、よくあることです。
それで儲かっているのなら、何も問題はありません。

しかし、思うように集客できていないのなら、
ターゲットを変えてみることをお奨めします。

商品の特性から判断したターゲットが集まらないのなら、
どこかにまったく違う客層が
眠っているのかもしれません。

それを探り出すのは難しいのですが、
ひとつの方法をお教えしましょう。

扱っている商品やそれに近い商品が掲載されている雑誌を
まずは探してください。

そこで、なぜこの商品が
紹介されているのかを考えるのです。

よく売れている雑誌なら、
商品とターゲットの繋がりが見えてくるはずです。

雑誌の編集部は、
マーケティングを読み解くノウハウを持っているので、
商売人のテキストとして活用できます。

ただし、注意すべきことがあります。

雑誌は、見ためのターゲットと
購入する客層が違う場合があるということです。

たとえば、中高生向けに見える雑誌でも、
実際に購入しているのは小学生だということがあります。

編集部もそれをわかっていて、
小学生の目に留まるようにアピールしているのです。

雑誌をよく見ればわかることなので、
分析してみてください。

アピールする相手を変えてみるだけです。

それで売れるようになるのですから、
すぐに取り掛かってください。

posted by 佐藤きよあき at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447832842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック