2017年03月05日

「脱スマホ」で、言葉を磨け!


<VOL.679>


あるアンケートに、
「メールやSNSなどで、笑っていることを表現したい時、
 何を使っていますか?」
という質問がありました。

その結果は……

・笑、(笑)と書く。 36.1%
・wと書く。 11.7%
・顔文字を使う。 29.1%
・絵文字を使う。 23.4%
・スタンプを使う。 11.6%
・特に使わない。 30.1%
・その他の方法。 0.7%
・その他の言葉。 2.7%

言葉を使って表現する人が、わずか2.7%。
絵文字や記号で済ませているのです。

「その方が楽しいじゃん」
「言葉は長くなるし、この方が楽」
ということのようです。

日常的にスマホばかりを使っていると、
言葉を使わなくなるのです。

言葉そのものは知っていても、長く使わないでいると、
文章を組み立てることも、
細かな気持ちを相手に伝えることもできなくなります。

絵文字や記号は便利かもしれませんが、
誰もが使っているもので、個性のカケラもありません。

自分という存在感が薄れてしまいます。

自分のことは自分の言葉で伝えないと、
誰もが同じ顔を持つ人間となり、
その人の必要性に疑問が生まれます。

これは、ビジネスにおいては致命傷です。

面白いアイデアが浮かんでも、言葉が出てこないので、
相手に上手く伝わりません。

伝わらなければ、
せっかくのアイデアも消し去るしかありません。

また、言葉を使わないのは、
思考していないのと同じこと。

思考は、さまざまな言葉の集合から生まれるものです。

漠然とした閃きも言葉に置き換えることができなければ、
思考を表現する手段が見出せません。

つまり、伝えることができないのです。

スマホは便利なツールかもしれませんが、
使う時はいろんな言葉を使って、
表現力を鍛えるようにしてください。

posted by 佐藤きよあき at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447611266
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック