2016年12月04日

業界情報を流せ!


<VOL.666>


「名品2品で 圧倒的! 潤ったツヤ肌へ」
「おしゃれ心をくすぐる フェンディに夢中!」

など、消費者の興味を掻き立てるフレーズが、
ネットや雑誌には氾濫しています。

それを魅力的だと感じる人もいれば、
売るための策略だと捉える人もいます。

疑って掛かる人は、それがメディアによって
創られた言葉だとわかっているから、
信じることができないのです。

そんな人たちを買う気にさせるには、
どうすれば良いのでしょうか。

ひとつの方法として、
もっと“真実味”のある情報を流すことが考えられます。

消費者が信じてしまう情報発信源はどこか?

それは、『新聞』です。

最近は、適当な記事も多くなりましたが、
まだまだ信頼されているメディアであることに
変わりはありません。

新聞に記事として取り上げられることが、
もっとも効果的な販促となるのですが、
それは個人商店が容易にできることではありません。

なので、お店で扱っている商品が掲載されている
新聞記事を探し、お客さまに見せるのです。

しかし、一般紙や経済紙には、扱う商品の情報が
都合良く載っているわけではありません。

そこで、業界新聞の中から探すのです。

さまざまな業界新聞があり、
勉強熱心なあなたも購読していると思います。

そこには、質の良い商品の話や
流行の最先端の情報が掲載されています。

その中から扱っている商品の情報を抜き出し、
POPを作ったり、拡大コピーのパネルを
お店に掲示したりするのです。

売るためだけに作られたフレーズではなく、
信頼できる“新聞”の情報なので、
お客さまは安心して買うことができます。

posted by 佐藤きよあき at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

お客さまが喜ぶ会話を心掛けろ!


<VOL.665>


接客の真髄は、
お客さまの方から話し掛けてくれることです。

商品・サービスについての質問だったり、
お店や商品の感想だったり。

しかし、何のアクションも起こさずに、
お客さまから話し掛けてくれることは、
なかなかありません。

まずは、話すキッカケが必要なのです。

お客さまの「話し掛けないでオーラ」を
見極めた上でご挨拶をしたり、
お客さまが興味を示さずにはいられない、
展示物やPOPを使うのもひとつの方法です。

とにかく、お客さまと会話を始められるように
持っていくことが大切です。

話すことができたなら、
次はお客さまを喜ばせる会話をすることです。

喜ばせることで、お客さまの気分が高揚し、
お客さま自らが積極的に話し始めるようになります。

すると、お店とお客さまの距離は縮まり、
親近感を持ってもらえるようになります。

お客さまを喜ばせるためには、
次の“3つのテクニック”を使ってください。

1.興味を持つ話をする。
2.お客さまの主張を認める。
3.お客さまを誉める。

興味のある話をしないと、会話は続きません。

お客さまの理解者であることを知らせることで、
安心感を持ちます。

そして、人は誉められると饒舌になります。

会話が弾めば、お客さまも気分が良くなり、
お店のファンになってもらえます。

posted by 佐藤きよあき at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

優しい詐欺師になれ!


<VOL.664>


結婚詐欺の手口に、
「落ち込んでいる女性を狙え」というものがあります。

失恋した、容姿に自信がない、仕事で失敗した、
友人との関係がギクシャクしているなど、
悩みを抱えている女性は、
詐欺に引っ掛かりやすいのです。

自信を失いかけている女性に、
「あなたには充分な魅力がある」
「素敵な女性だ」
と、優しい言葉を掛けて、
悩みから解放してくれる存在になるのです。

女性は、落ち込んでいる時に、
自分を認めてくれる人に好意を抱いてしまうのです。

これは、心理学でも検証済みのことです。

そんな詐欺師の手口をビジネスの参考にしてみましょう。

と言っても、詐欺まがいのことをやってはいけません。
“落ち込んでいる人を探せ!”ということです。

テレビの通販番組やCMで、
肌荒れや便秘で悩む女性に向けた商品が
たくさん登場します。

これらも詐欺の手口と同じです。

怒られるかもしれませんが、
合法か非合法かの違いだけです。

「これで、あなたの未来が素晴らしいものになります」
と、夢を見させているのです。

女性に夢を見させてあげるのは、
悪いことではありません。

少しでも気持ちが良くなるのであれば、
それは意義のあることです。

宝石やブランド品が高く売れるのも、
ほとんど詐欺だと言っても良いでしょう。

しかし、それは犯罪ではありません。

積極的に騙してあげれば良いのです。

優しい詐欺師になりましょう。

posted by 佐藤きよあき at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする