2016年08月28日

売り上げを“2倍”にするには、小さな努力で良い。


<VOL.652>


いまの売り上げが2倍になれば、
どれほど楽になるだろう?

苦しい経営を続けている店主なら、夢のような話です。

しかし、その実現が容易でないことは、
よくわかっています。

「お客さまを2倍になんかできない」
「来店回数を2倍にすることも無理」
「客単価を2倍にするなんて、あり得ない」

こう考えてしまうと、
とんでもない妄想のように感じます。

ここで、
「絶対に無理なことは考えずに、地道にやらなければ…」
と反省してしまうところですが、それは間違いです。

根本的な考え方の方向性が違っているのです。

「売り上げを2倍にする」
という目標を実現する方法として、
『売り上げ構成要素』である
「客数」「来店数」「客単価」のどれかを
2倍にしなければならないと、思い込んでいるのです。

それは、あまりにも単純な発想です。

1つの要素を一気に2倍にすることは、
非常に困難なことは明白です。

なので、それぞれを少しずつ上げていけば良いのです。

「客数」1.3倍。「来店数」1.3倍。「客単価」1.3倍。

これらを掛け算すれば、1.3×1.3×1.3=2.197。

2倍を超えることになります。

小さな努力で、
ひとつひとつの要素を上げていけば良いのです。

これなら、難しいことではありません。

すべては、考え方次第なのです。

posted by 佐藤きよあき at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

お客さまへの“メッセージ”で、売り上げ倍増!


<VOL.651>


高品質な商品、適正な価格。
なのに、お客さまが少ない。

アピールが足りないと考え、広告を打つ。

それでも集客できないのには、
さまざまな理由が考えられますが、
そのひとつが“メッセージ”の不足。

単なるお知らせ、PRのことではありません。
その中身の問題です。

お客さまの心を捉える、心に響くメッセージが
込められているかどうか。

たとえば、ラーメン屋さん。

「自家製麺でさらに美味しく。海鮮塩ラーメン新登場!」

これでは、ただの告知です。
興味を持つのは、常連さんだけです。

ここに、店主のメッセージを込めなければなりません。

「ずっと麺を探し続けてきました。
 その結論として、自分で作ることが、
 もっとも理想に近づくことに気づいたのです。
 人に頼んでいては、いつまでも納得できません。
 研究を重ね、何度も失敗し、やっと完成。
 お披露目できることになりました。
 もちもち、つるりの、小麦粉香る自家製麺を
 “海鮮塩”でお試しください」

長い文章になりましたが、
ここには“メッセージ”があります。

麺に対するこだわりをアピールしています。

店主の思いが伝わるはずです。

思いは口にしなければ、伝わりません。

「食べれば、わかる」は、
「食べなければ、一生わからない」ということです。

posted by 佐藤きよあき at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

お客さまを促すのは、“3つの選択肢”。


<VOL.650>


お客さまは常に迷っています。
あれか、これか。右か、左か。

お客さまに「こんな商品が欲しいのですが」
と言われたら、あなたはどう対応していますか。

商品を選んで、「これなどはいかがですか?」と
お奨めしていることでしょう。

しかし、あなたのお奨めは1つではありませんか。

プロの直感を頼りに、
「これだろ!」と提案していませんか。

それでは、お客さまは購入を決断しません。
できないのです。

お客さまは、店主であるあなたの選択を
待っているのではありません。

あくまで、選ぶのは自分。
いくつかの提案を期待しているのです。

さまざまな方向性のものを、
少なくとも3つ提案しなければなりません。

3つあれば、お客さまは選びやすいのです。

1つの提案では、拒絶。
2つでは、選びきれない。

“選ぶ”という行為には、最低3つ必要なのです。

お客さまの購入を促すには、3つの提案をし、
「この中で私のお奨めは○○ですが」
と、主張するのです。

たとえ店主のお奨めを選んだとしても、
その判断を下したのはお客さま自身なので、
自分の意志として納得するのです。

お客さまが迷っている時には、
必ず3つの提案をしてください。

すると、「どれにしようかな?」と、
すでに購入を決断しています。

posted by 佐藤きよあき at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 販売促進・集客 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする